リフォームコラム

Vol.114 マンションの玄関を変えたい! リノベーションのコツとは?

2018.05.21
LINEで送る
Pocket

マンションの玄関は暗くて狭い印象になりがちです。

また、居室に比べると、収納スペースに限りがあることが多く、靴や傘、お子さんがいるご家庭であればベビーカーなどを置くとそれだけでいっぱいになってしまうことも。

そんな悩みも、リノベーションをすることで解決するケースが多いのです! 今回は、住まいの顔とも言える玄関を快適な空間にするためのコツと、リノベーションのヒントを紹介します。

 

快適な玄関とは?

玄関は人の出入りや、立ったりしゃがんだりといった動作が多い場所ですので、リノベーションを進めるにあたり、「ある程度の動線がスムーズにいくような広さ・レイアウトであること」「靴などのものを置けるスペースが十分にあること」を最低限の条件として考えた方が、より使いやすくなります。

また、デザイン面では「帰宅した家族や来客者がほっとした気持ちになれる場所にしたい」「ホテルのような高級感を出したい」……など、ある程度イメージをしてからのほうが、スムーズに進みます。

 

靴やモノをどう収納するか?

靴だけなら大きな壁面タイプの靴箱を設置する方法もありますが、とにかく玄関に大きなものを置きたい! という場合、玄関と隣接する部屋をリノベーションし、広い土間に生まれ変わらせる方法もあります。これにより自転車やベビーカー、ゴルフクラブなど、収納に困りがちな物も楽々しまうことができます。

土間の奥にも棚を壁に沿うように設置し、たまにしか履かない靴や使用頻度の少ないものを置けば、玄関がすっきりと片付きます。ゴルフクラブなど高さのあるものを収納したい場合は、可動式の棚を設置すると棚板の高さ調節ができて便利です。

 

また、「玄関のスペースはそこそこあるものの、靴箱の使い勝手が悪い!」といったケースもありますよね。

その場合は靴箱を撤去して、あえて見せるスタイルの「オープン棚」を取り付けるのもおすすめです。

人気のリフォーム例としては先述のように土間を広くリノベーションし、使用頻度の高い靴は靴用のオープン棚に、そうでないものは奥の収納スペースに置くというケースです。扉がないので取り出しやすいですし、靴以外の小物も置くことができて便利です。

 

“壁”をうまく利用しよう!

土間が全て丸見えで恥ずかしいという場合は、「仕切り壁」を新たに設えるのも効果的です。

仕切り壁には内窓を設置したり、壁の一部を鮮やかな色や柄のアクセントクロスにしてみると雰囲気が変わって良いですね。

一般的に、イエローなどの暖色系であれば温かみがあり明るい印象に、ブルーなどの寒色系であればスタイリッシュでクールな印象になります。最近では北欧テイストの人気を受け、グレイッシュトーンのパステルカラーも人気です。もっと雰囲気を変えてみたい方は、木目を生かしたパネルにチェンジするのも高級感が出ます。

 

また、玄関は窓がなく湿気や靴のカビが気になる方も多い場所ですよね。特に北向きの玄関の場合は日当たりがいまいち、という場合も。そのような時は、壁のクロスを調湿機能がある珪藻土などに変更することもおすすめです。

 

リノベーションで“楽しめる玄関”に!

使い勝手の良くない玄関は思った以上にストレスとなります。また、リノベーションをして、広々とした土間を道具の手入れなど「趣味を楽しむ場所」として活用される方もいます。

マンションによっては、玄関ドアなど変えてはいけないと決まっているものもありますが、どういった悩みを解決したいのか、玄関で何がしたいか……など、どんなことでもかまいませんので、気軽に相談してみてくださいね。

 

カテゴリ:
一戸建て
些細なことでもお気軽にお問い合わせください
お問い合わせ・お見積り
月別コラム記事
最近の記事
スマートフォンや携帯電話からこのコラムがご覧いただけます。
セイズ公式Facebook
セイズ公式Twitter
セイズは南葛SCの公式スポンサーです
LIXILリフォームショップ
葛飾区等の住宅リフォーム・リノベーションなら、LIXILリフォームショップ セイズにお任せください!
Copyright(C)SAYS HOME Co.,LTD. ALL Rights Reserved.