セイズの家づくりコラム

Vol.12 【部位別で見る】完成物件の内覧ポイントとは

2016.07.09
LINEで送る
Pocket

No012_img02_600x400満足のいくマイホームを探すためには、完成された物件の見学は欠かせません。ただ、見学の際にどの部分に注目すれば良いのか分からない方もいることでしょう。
今回は、完成物件を見学する際に役立つ情報をお届けします。
住宅の部位毎に注目すべきポイントを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

■住宅周辺・玄関

住宅周辺というのは、何より見た目が重要です。外壁や屋根の色合いや素材を含めた外観のバランスを確認しましょう。玄関に入ってからはドアや鍵・靴箱などの収納をチェックしてください。ご高齢の方と一緒に住まわれる場合は、玄関の段差が大きすぎないかを確認しておくと良いでしょう。

■リビング

完成物件の内覧会などに参加すると、リビングにはソファーやテーブルといった家具が設置されていることが多いです。オシャレな家具に気を取られることなく、家具のサイズや家具の間の距離を確認してください。メジャーなどを使って計測しておくと、後で検討しやすくなりますのでオススメです。
また実際にソファーに座って、室内を眺めてみてください。実際に住まわれる家族がどのように生活するかイメージしやすくなるかもしれません。

No012_img01_600x400■洗面室・トイレ

洗面室では自分や家族のライフスタイルを考慮して、常備しておくものをイメージしてください。そうすることで、収納するかだけではなく洗面室にどのような設備が必要かということも把握できます。
トイレでは、ゆったりと利用できるスペースがあるか確認することが大切です。実際に、便座に腰を下ろしてみるのも良いかもしれません。またバリアフリー化を考慮されている方は、手すりを付けるスペースがあるかも確認しておいたほうが良いでしょう。
洗面室とトイレの両方に言えることですが、湿気対策として窓があるか・換気がしやすいかといった点も重要になります。

■キッチン

キッチンは何かと動き回る場所なため、実際にシンクやレンジの前に立ってイメージを掴んでください。棚の高さや周辺の設備の使い勝手が良いかをチェックします。また実際に冷蔵庫から食材を取り出して調理するまでの動線をイメージしておくと検討しやすいはずです。

■バスルーム

バスルームでもキッチンと同様、体験することをオススメします。浴槽に入ってみて、広さだけなく深さも適当かをチェックしてください。特に二世帯で住まわれる方は、ご高齢の方でも楽に浴槽と洗い場を行き来できるかをチェックすることは重要です。また換気や床や壁に使われている素材にも注意が必要になります。

 
以上のような細かいチェックを積み重ねることで、イメージが具現化されていきます。
マイホームを検討されている方にとって、完成物件の見学はうってつけの方法かもしれません。
ご家族みんなが満足する家を探したり建てたりするためにも、今回のポイントを参考にされてみてはいかがでしょうか。

お問い合わせ

ご家族の家づくりの不安を解消いたします!お気軽に下記項目からお問い合わせ・資料請求を行ってください。

  • イベントに参加したい
  • 住まいの詳しい資料が欲しい
  • 資金についての相談がしたい
  • 土地を売却して住み替えたい
  • 土地探しについて教えて欲しい
  • ちょっと相談したい

セイズ株式会社

〒124-0012
東京都葛飾区立石6丁目18番20号

Tel/03-5670-1414

会社情報

アクセスマップ

お電話から

受付時間/9:00~19:00
定休日/毎週水曜日

お問い合わせフォームから

今さら聞けないようなちょっとした疑問
から専門的な疑問まで何でもお気軽に
ご相談ください。

お問い合わせフォーム


月別コラム記事
最近の記事
スマートフォンや携帯電話からこのコラムがご覧いただけます。