セイズの家づくりコラム

Vol.39 新築一戸建て住宅を建てるなら!窓の数と位置に要注意

2017.02.19
LINEで送る
Pocket

No039_img01_600x400新築一戸建て(注文住宅)を建てるとなると、窓の数や位置についてさまざまな思いを巡らせながら考えることでしょう。窓は日の差し込み具合は、家の温度、換気などさまざまなことに影響します。
ここでは、新築一戸建てを建てる際に注意すべき窓のポイントと、失敗例と対策をご紹介します。

■新築リビング窓の注意点

大きめの窓を「掃き出し窓」と呼びます。およそ丈1800mm×幅2000mmの人が出入りできるサイズです。この掃き出し窓の配置や大きさの選び方次第で、リビングの明るさやセキュリティ、風通しなど住み心地に大きく影響します。
しかし、明るく風通しの良いリビングにしたいがあまり、窓を増やしたり大きくしてしまうと次のような失敗例があるので注意しましょう。

<失敗例>

・リビングに大きな窓を多くつけたら家具の配置が難しくなった。
・隣の家の窓と対面になり丸見えになってしまうので気になる。
・テレビの後ろに窓がきてしまい、昼間テレビが見えづらくなった。

<対策>

まずはリビングに何を置くか考えましょう。リビングに置く家具に合わせて窓の数や大きさを考えるのも大切です。また、向かいの家や道路からの視線が気になる場合は、高窓を設けるのもおすすめです。

No039_img02_600x400■リビングの窓のポイント

リビングはリラックスする場所です。吹き抜けを作って窓を設けると、明るくて居心地の良い空間を作ることができます。立地上、また掃き出し窓の外からの視線が気になって日光を入れることができない場合は、細長い高窓を作ることをおすすめします。
またリビングダイニングの場合、いくらリビングの窓を大きくしたり配置を変えても、ダイニングまで十分に光が差し込まないことが考えられます。このためダイニングにも窓を1つ設けることを考えておくと良いでしょう。

■スリット窓に要注意

建物の狭い壁面や細長いスペースにはめ込むスリット窓は、デザイン性という観点から優れているように見受けられます。スリット窓から縦に伸びる日差しは非常にきれいです。
しかし、部屋全体を照らすことはできないため、採光の面では優れていません。昼間でも薄暗く、電気の明りを必要としてしまいます。

<失敗例>

・リビングとダイニングの間にスリット窓を設置したものの、特にメリットを感じない。
・スリット窓で明るさを得られると思ったが、薄暗い程度だった。

<対策>

スリット窓は、明るさが室内の照明で補える玄関や廊下、階段などに利用することで、デザイン性に優れた空間を演出することができます。
また、設置場所を工夫すれば家の向きや時間によって、足元などを照らす程度の採光を確保することもできますが、照明として扱うのではなくあくまでデザインとして考えることが大切です。

■小窓の位置に要注意

脱衣所やトイレでは外から見えないように高窓を付けることもあります。
この場合は湿気やカビ対策、換気を考慮してつけられますが、この高窓にも注意が必要になります。

<失敗例>

・洗濯機の真上に窓がきてしまって開閉しづらい。
・トイレの窓が隣の玄関の前にあたり、開けたくても心境的に開けづらい。

<対策>

家電や家具を設置した状態を想定し、窓の位置をシミュレーションするようにしましょう。
また設計前に現地を見て回り、どこにどの部屋がくるのかイメージしておくことが大切です。

■そもそも窓の多すぎは危険?

先にも紹介しましたが、窓が多いと壁の面積が減ってしまいます。そのため家具の配置に困ったりする場合があるので注意しましょう。最近では大開口の窓が増えていますが、これは住宅密集地では向いていないでしょう。プライバシーが守れなかったり、不快な西日が入ってきてしまう恐れもあります。

 

「窓は適切な場所に、適切な大きさの窓を設置する」という考え方が大切です。
最近では窓の種類も増え、専門知識のない一般人だけでは失敗のない家づくりは難しいでしょう。専門家に相談して一緒に現地を見てまわり、日差しのシミュレーションなどをしてもらうことが、窓で失敗しない最良の方法です。

お問い合わせ

ご家族の家づくりの不安を解消いたします!お気軽に下記項目からお問い合わせ・資料請求を行ってください。

  • イベントに参加したい
  • 住まいの詳しい資料が欲しい
  • 資金についての相談がしたい
  • 土地を売却して住み替えたい
  • 土地探しについて教えて欲しい
  • ちょっと相談したい

セイズ株式会社

〒124-0012
東京都葛飾区立石6丁目18番20号

Tel/03-5670-1414

会社情報

アクセスマップ

お電話から

受付時間/9:00~19:00
定休日/毎週水曜日

お問い合わせフォームから

今さら聞けないようなちょっとした疑問
から専門的な疑問まで何でもお気軽に
ご相談ください。

お問い合わせフォーム


月別コラム記事
最近の記事
スマートフォンや携帯電話からこのコラムがご覧いただけます。