セイズの家づくりコラム

Vol.108 風通しの良い家を作る4つのポイント

2018.10.15
LINEで送る
Pocket

住み心地の良い家を作る際に気を付ける点のひとつに「風通し」というものがあります。風通しが良くなることで、家の快適性や利便性が大きく変わるものです。

ここでは、風通しの良い家を作るために知っておきたいポイントを4つご紹介します。これから家を建てるという方はぜひ参考にしてみてください。

 

窓の位置

風通しの良い家を作るには、窓の位置についてしっかり考えなくてはいけません。

窓から自然の風を取り入れやすくすることで、風通しの良い家にすることができます。家の向きなどを考慮して、風向きに合わせて窓の位置を設定することが肝心です。風向きというのは季節などによっても変化するものですので、家を建てる場所の近所の方に、風向きなどについて聞いておくといいでしょう。

 

窓は部屋に2か所設置する

家に入った風が外へ出ていかなければ新しい風は入ってこられません。部屋には必ず2か所以上窓を設置して、風の入口と出口を確保するようにしましょう。

出口に当たる窓の位置についても注意する必要があります。風がスムーズに家の中を通り抜けられるよう、窓の位置関係を検討してください。

また、間取りの関係上窓をひとつしか設置できないのであれば、窓の正面に部屋のドアを設置するなどして、風がスムーズに部屋の中を通り抜けていけるように工夫しましょう。

 

換気扇で空気を循環させる

間取りや隣近所の住宅との位置関係などから、窓を設置できなかったり、窓を設置しても風を取り入れにくかったりすることもあると思います。そのような場合は、換気扇を設置して家の空気を循環させるようにしましょう。

キッチンやトイレ、浴室などはもちろんですが、どうしても風の通りを確保できない部屋などには、換気扇の設置も検討してみるといいでしょう。最近では、常に換気できる「24時間換気システム」が取り入れられることが多いです。給気も排気も機械で行う「第1種換気方式」、機械給気と自然排気の「第2種換気方式」、自然給気と機械排気の「第3種換気方式」の3種類があります。換気扇を導入しようとお考えの方は24時間換気システムの採用を検討してみてください。

 

窓の種類にこだわる

窓の種類も、風通しの良し悪しに大きく関わります。

風通しを良くしやすい窓の種類をいくつかご紹介します。

 

・上げ下げ窓

窓を上下に上げたり下ろしたりすることで開閉するタイプの窓です。風量を調節しやすく、風の通りを確保しやすくなります。

 

・ガラスルーバー窓

細長い何枚ものガラス板をブラインドのように構成したタイプの窓です。風量のコンロトールがしやすく、また採光などにも効果を発揮するので、より快適な家づくりをすることが可能になります。

 

・内倒し窓

内側に倒すことで窓を開けるタイプのものです。風量のコントロールをしやすく、また開けっ放しにしておいても外からの視線を遮断してくれるため、プライバシーの保護もしやすくなります。

風通しの良し悪しは家の快適性に大きく影響を及ぼすものです。窓の配置や種類、換気扇の設置などをして、風通しの良い、快適な家づくりをしましょう。

これから家を建てようと考えている方は、ここで紹介したことをぜひ参考にしてみてください。

カテゴリ: 
気密性・断熱性

お問い合わせ

ご家族の家づくりの不安を解消いたします!お気軽に下記項目からお問い合わせ・資料請求を行ってください。

  • イベントに参加したい
  • 住まいの詳しい資料が欲しい
  • 資金についての相談がしたい
  • 土地を売却して住み替えたい
  • 土地探しについて教えて欲しい
  • ちょっと相談したい

セイズ株式会社

〒124-0012
東京都葛飾区立石6丁目18番20号

Tel/03-5670-1414

会社情報

アクセスマップ

お電話から

受付時間/9:00~19:00
定休日/毎週水曜日

お問い合わせフォームから

今さら聞けないようなちょっとした疑問
から専門的な疑問まで何でもお気軽に
ご相談ください。

お問い合わせフォーム


月別コラム記事
最近の記事
スマートフォンや携帯電話からこのコラムがご覧いただけます。