リフォームコラム

Vol.99 断熱リフォームで得られるメリット

2018.01.15
LINEで送る
Pocket

pixta_21374154_M省エネ生活を実現できるエコ住宅。そんなエコ住宅を作るために欠かせない重要な要素のひとつが、断熱性です。これから家を建てる人は断熱性について考慮して家を建てることになると思いますが、すでに住宅をお持ちの方でも、リフォームをして断熱性を上げることをオススメします。断熱リフォームにはいろいろなメリットがあるからです。

断熱リフォームをおこなうことで得られるメリットをご紹介します。

 

光熱費の削減

断熱リフォームをおこなうことで得られる最大のメリットは、光熱費を削減できることでしょう。

断熱性を高めるというのは、壁や屋根、床などから家の内外へ出入りする熱を最小限に抑えることです。冬場は壁や床から外の冷気が部屋に侵入します。それらの部分の断熱性が低いと、いくら部屋の中を暖房で暖めてもすぐに冷気が入ってきて、部屋の中に暖気がとどまってくれません。つまりその分エアコンなどの暖房機器をたくさん使わなくてはいけなくなるのです。

断熱リフォームにはそれなりの費用が必要になりますが、80年代の省エネ基準の住宅を、現在の省エネ基準の住宅にリフォームした場合、30年間で120万円の節約になるというデータがあります。長く住む予定の家であるならば、思い切ってリフォームすることをオススメします。

 

 

健康に良い

断熱性を高めて部屋の中の温度を一定に保てる(簡単にコントロールできる)ことで、健康面への効果も期待できるでしょう。

断熱化率の高い北海道では、冬季の死亡率が低いというデータがあります。家を断熱して部屋の中の温度をコントロールすることでヒートショックが起こりにくくなるというのがその理由のひとつでしょう。また断熱性が向上することで体にかかるストレスなども軽減され、風邪を引きにくくなるというデータもあります。

 

防犯性が向上する

断熱リフォームをおこなうことで、防犯性の向上を期待できます。

断熱リフォームの方法のひとつに窓を複層ガラスへ切り替える、また内窓を設置する、というものがあります。窓はいわゆる開口部というもので、熱が最も流出入する箇所です。複層ガラス、内窓を利用することで、熱損失を大幅に少なくすることが可能になります。

複層ガラスは単層ガラスよりも割れにくくなっているものが多く、防犯性が高くなります。

 

断熱リフォームには減税や補助金などの優遇措置がある

省エネ基準を満たしたリフォームに対して、国や市町村から減税や補助金の給付といった、優遇措置を受けることができます。

断熱リフォームであれば、以下の優遇制度に該当する可能性があります。

  • 省エネ特定改修工事特別控除制度
  • 省エネ改修促進税制
  • 地域型住宅グリーン化事業
  • 住宅省エネリノベーション促進事業
  • 住宅ストック循環支援事業補助金

など

これら補助金や減税制度を活用すれば、費用を抑えて快適で安全な省エネ住宅を実現できるでしょう。

※上記優遇制度の期間に関しましては最新の情報をご確認下さい。

e0d96d236c234cea1d6826a7e205ea96_m

 

現在、日本では国を挙げて省エネ住宅の推進をおこなっています。これから家を建てる方はもちろんですが、すでにお住まいをお持ちの方も断熱について考えてみる必要があるでしょう。

ぜひ、断熱リフォームについて検討してみてください。

 

カテゴリ:
一戸建て
些細なことでもお気軽にお問い合わせください
お問い合わせ・お見積り
月別コラム記事
最近の記事
スマートフォンや携帯電話からこのコラムがご覧いただけます。
セイズ公式Facebook
セイズ公式Twitter
セイズは南葛SCの公式スポンサーです
LIXILリフォームショップ
葛飾区等の住宅リフォーム・リノベーションなら、LIXILリフォームショップ セイズにお任せください!
Copyright(C)SAYS HOME Co.,LTD. ALL Rights Reserved.